HOME > 株主・投資家の皆様へ > 未来の姿は? アマノの成長戦略

未来の姿は? アマノの成長戦略

「100年企業への 2nd Stage ー持続成長のための革新的価値創造ー」を経営コンセプトとした3ヵ年の中期経営計画が2017年4月にスタートしました。ここでは、その概略をコンパクトにお伝えします。

経営コンセプト

「100年企業への 2nd Stage ー持続成長のための革新的価値創造ー」

数値目標<2020年3月期>

売上高1,400億円以上
(2017年3月期:1,201億円)

営業利益160億円以上
(2017年3月期:131億)

4つの重要課題

  • (1)エリア別成長戦略
    日本・北米・欧州・アジアの4極でそれぞれの成長戦略を推進
  • (2)経営基盤強化
    継続的なコスト削減活動や働き方改革による
    生産性向上等に基づく経営体質の強化
  • (3)イノベーション創出
    断トツのニッチトップを目指すとともに
    第6、7の柱を構築
  • (4)ブランド価値向上
    (1)~(3)の取組みにより、
    アマノブランドの価値向上を推進

事業別市場環境と戦略

国内

国内グループ各社との連携を強化し、全事業においてハード、ソフト、サービスにわたる総合ソリューション提案力の質と量の向上を図り、顧客基盤の拡充を図ります。

情報システム

市場環境

「長時間労働撲滅」「生産性向上」を目的として、政府主導で企業への指導が強化

アマノの対応

  • 就業・人事・給与のトータル提案を一層強化し、顧客基盤の拡大を図る
  • クレオ社との連携により、就業・人事・給与・会計のソフトウェアとコンサルティング営業を強化

パーキングシステム

市場環境

2020年の東京オリンピックに向けて、不動産市況が活性化されることを背景に駐車場関連市場は拡大

アマノの対応

  • システム機器の機能・操作性の向上
  • 駐車場管理会社との連携強化
  • 駐車場データセンターを介した各種サービスの提供
  • セキュリティゲートや有料道路、駐輪場等の施設に関する取り組みを強化・拡充

環境システム

市場環境

海外進出する日系企業の設備投資は堅調に推移

アマノの対応

  • 汎用機を中心とした需要の取り込みを強化
  • 製薬・食品・化粧品市場での拡販
  • 産業機器メーカーとの提携などによるエンジニアリング力の強化と周辺装置を含めたトータル販売

クリーンシステム

市場環境

清掃コストの削減、清掃作業員の高齢化や未経験者の増加等が課題

アマノの対応

  • 清掃ロボット市場及びファクトリー市場の拡大、ストックビジネスの拡大
  • 清掃受託や美観維持も含めた総合提案を推進

海外

北米

パーキングシステム

システム機器の拡販、ローエンド市場向け新システムの早期定着

情報システム

就業情報ターミナルの拡販、クラウドサービスの展開による業容拡大

環境システム

自動車関連企業を中心とした日系進出企業への汎用機の拡販

クリーンシステム

木材床研磨機器部門の業容拡大、新領域・新チャネル開拓

欧州

情報システム

フランス市場での顧客基盤の更なる強化と周辺国への浸透拡大

パーキングシステム

運営受託事業展開による事業拡大

アジア

パーキングシステム

運営受託事業の更なる強化、新たな地域への展開

環境システム

日系企業へのエンジニアリング力、販売・サービス強化

現地生産の拡大によるコスト競争力強化