HOME > CSR・環境活動 > 取り組み方針

取り組み方針

「人と時間」「人と環境」をテーマに、広い視野をもって常に環境保全に配慮した事業活動及び環境経営を推進します。 代表取締役社長 津田 博之

私たちアマノグループは、「人と時間」「人と環境」の分野で、新しい価値を創造し、安心・快適で健全な社会の実現に貢献することを経営理念としています。
この経営理念のもと、経営環境の変化に対応した最適なガバナンス体制を機軸に、既存事業の拡大に加え、中長期・グローバルな視点での新しい事業・市場を創出して持続成長を実現することにより、企業価値の最大化を図ります。また、事業活動を通じて確保した適正な利益を継続的に還元して、「顧客、取引先、株主、社員、地域社会」の全てのステークホルダーに信頼され評価される企業を目指してまいります。

国際社会においては、2030 年に向け共通の目標として、地球規模の社会課題解決を目指す国際的な枠組み「持続可能な開発目標(SDGs)」が国連総会で採択されました。この目標に向かい2020 年初頭からの新型コロナウィルス感染症の感染拡大下においても、国内外におけるSDGs の動向は活発化しており、「ニューノーマル」についてさまざまな取り組みが進められています。
 その中でアマノグループは、環境と経済のバランスのとれた、持続可能な社会の構築に貢献する事が社会的責務であるとの認識に立ち、常に環境保全に配慮した環境経営を推進しています。

すなわち「環境理念」を共有し、「環境方針」に基づいた行動の実践により、アマノ グループが提供する製品、ソリューション、サービス、それを生み出す製造から販売まですべての事業活動におけるシーンでCO2や廃棄物削減など環境負荷軽減への取組みを徹底するとともに、地域社会の環境保全活動の強化、環境管理体制の充実に努めています。また、ニューノーマル時代においては、新しい働き方に対応した就業管理システム、省人化・非接触を実現するチケットレス・キャッシュレス駐車場システム、ウィルス抑制機能を持つ高機能空気清浄機、省人化・業務効率化を図るロボット洗浄機、除菌効果に優れた電解水(次亜塩素酸水)生成装置など様々な製品を開発・提供しています。これらの活動や製品は、SDGs の目標やターゲットと共通するものと考えています。

アマノグループは、これからも地域社会と密接に連携・協調を図りながら行動するとともに、グローバル企業として、継続した地球環境保全活動に取組んでまいります。

代表取締役社長 津田 博之

津田 博之