アマノ

文字サイズ変更
文字を小さくする
文字を標準サイズにする
文字を大きくする

製品情報・ニュースリリース

業界初"Bluetooth®"無線技術を標準搭載でより使いやすく
パソコン接続式タイムレコーダー「Time P@CK II WL」「Pro P@CK II WL」「Time P@CK-iC WL」を同時発売

2011年2月16日

このページを印刷する

 

アマノ株式会社(社長:春田 薫、本社:横浜市港北区、以下アマノ)はこのたび、勤怠管理のベストセラー商品「パソコン接続式タイムレコーダーTime P@CK IIシリーズ」において、パソコンへの勤怠データ取込み、データ集計機能、会員サービスを強化した「Bluetooth®搭載(ワイヤレスモデル)「Time P@CK II WL」「Pro P@CK II WL」「Time P@CK-iC WL」の3モデルを同時発売、2月25日から出荷開始いたします。

「新Time P@CKシリーズ」概要
「Time P@CKシリーズ」は、2001年の発売以来、中小規模事業所の皆様を中心に快適な操作と安心のフリーダイヤルサポートで好評いただき、現在までベストセラー(ロングセラー)を続けているパソコン接続式タイムレコーダーの新・標準機です。
タイムレコーダーから入力された勤怠データをパソコンに取り込んで簡単に編集・集計でき、集計結果は、数多くの市販給与ソフトとデータ連携して、給与計算までの一連の処理が「手早く」「簡単に」「正確に」処理できる新スタイルの勤怠パッケージ・タイムレコーダーです。勿論、平成22年度4月施行の『改正労働基準法』にも準拠しています。

業界初(※1)Bluetooth®無線技術搭載タイムレコーダー
従来の「Time P@CKシリーズ」はパソコンとUSBケーブル接続をして勤怠データをパソコンに取り込んでいましたが、今回Bluetooth®無線技術(*2)をタイムレコーダー業界で初めて全シリーズに標準搭載。ワイヤレス環境で、タイムレコーダーの設置場所も選びません。また、Bluetooth®は初期設定や運用がやさしいため、「Time P@CKシリーズ」の良さである「簡単導入」「簡単運用」はこれまでどおりに、勤怠データの毎日の取り込みもしやすくなり、より快適な勤怠管理を実現しています。
さらに、これまでの「Time P@CKシリーズ」では、オプションとして提供してきました複数拠点データ切換機能を標準搭載とし、複数拠点の勤怠データを一台のパソコンで管理できるようにしました。加えて、「Time P@CK-iC WL」モデルではUSBメモリのデータ取り込みにも対応。
低価格ながら、複数拠点を持つ中小規模事業所の勤怠管理に必要なすべてをオールインワンパッケージにしました。
「新Time P@CKシリーズ」は、タイムカード方式のスタンダードモデル「Time P@CK II WL」、交替勤務や徹夜勤務もきっちり管理できる上位モデルの「Pro P@CK II WL」と、スマートなICカード方式の「Time P@CK-iC WL」と、職場の環境や運用方法に合わせて3つのモデルをラインナップしています。

(※1)2011年1月末現在 日本市場向けタイムレコーダーとして。当社調べ。
(※2)Bluetooth®無線技術
 「Bluetooth®Ver2.1+EDR Class2対応 (最大通信距離:約10m)
 最大通信距離は、理論上の最大値であり、使用環境により異なります。
 実際の通信距離を保証するものではありません。
 Bluetooth®は、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。
 アマノ株式会社はBluetooth®ライセンスに基づいて使用しています。

 

新シリーズ 主な機能
「Time P@CK II WL」「Pro P@CK II WL」「Time P@CK-iC WL」シリーズの主な機能は、次の通りです。

1、導入しやすく、使いやすいTime P@CKの「ワイヤレス通信」
勤怠データの取込みは、これまでのシリーズではUSBケーブル接続でしたが、新シリーズではBluetooth®無線技術(*2)を全シリーズに標準搭載し、ワイヤレス通信が可能となりました。

2、毎日の勤怠データ取り込みもしやすい。
使用するPCとワイヤレス通信が可能な距離範囲にあるタイムレコーダーから勤怠データを取り込む場合は、これまでのUSBケーブル接続とは違い、ワンクリックで取り込むことができます。これにより、毎日勤怠データの通信ができ、締め日に集中しがちな勤怠業務がより円滑になります。

3、タイムカ-ド集計ソフト「サッと勤怠」シリーズに複数拠点データ切換機能を標準装備。
これまでのシリーズではオプション機能であった「複数拠点データ切換機能」を全シリーズで標準搭載しました。また、「Time P@CK-iC WL」モデルはワイヤレス通信に加え、USBメモリ通信にも対応。これにより、複数拠点を持つ中小規模事業所が、多くの初期投資をすることなく柔軟な勤怠管理を実現できるようになりました。

4、毎日打刻するだけで「電子出勤簿」になります。
これまで出勤簿を使用して、タイムレコーダーを採用していなかった事業所で「打刻だけを電子化したい」という要望に応えて、「電子出勤簿」機能を新しく搭載しました。

5、さらに安心の運用サポート、Time P@CKユーザー専用会員サービス「Time P@CKクラブ」を追加。
従来のフリーダイヤルサポートにさらにお客様の安心運用をサポートする会員専用のサービスを加えました。「Time P@CKクラブ」会員になると、1、 「サッと勤怠」バージョンアップソフトが無償提供される 2、 労務情報/相談サービスがいつでも利用できる 3、各種のダウンロードサービスが受けられる など、Time P@CKユーザー限定のお得な会員サービスです。

■出荷開始日:2011年2月25日(3モデルとも同時に出荷開始)
■販売価格:

 『 Time P@CK II WL』 99,750円(税込価格)
  処理人数:最大100人、打刻メモリ保存データ件数:12,000件 
  使用タイムカ-ド:Time P@CKカード
 『Pro P@CK II WL』 199,500円(税込価格)
  処理人数:最大150人、打刻メモリ保存データ件数:27,000件
  使用タイムカ-ド:Pro P@CKカード
  交替勤務、時間外勤務(徹夜勤務・休日出勤)の申告制対応
 『Time P@CK-iC WL』 135,450円 (税込価格)
  処理人数:最大100人、打刻メモリ保存データ件数:10,000件 
  使用タイムカ-ド:iC P@CKカード
  社員(職員)証作成機能、USBメモリ対応

本製品(ニュースリリース)に関するお問い合わせ先
アマノ株式会社 ホームページ   http://www.amano.co.jp/
〒222-8558 横浜市港北区大豆戸町275番地
電話:045-401-1441(代表) FAX:045-439-1150
(本製品に関わるお問い合せ)
時間情報事業本部 電話:045-439-1515
(ニュースリリースに関する問合せ)
総合戦略企画本部広報部 電話:045-439-1507

《Time P@CK WL イメージ》
tpWL.jpg

PDF版はこちらico_pdf_01.gif