アマノ

文字サイズ変更
文字を小さくする
文字を標準サイズにする
文字を大きくする

製品情報・ニュースリリース

入退場する車のナンバーをデータ化!『車番管理システム』新発売

2014年1月16日

このページを印刷する

 

入退場する車のナンバーをデータ化!『車番管理システム』新発売

〜工場・物流施設における「車」と「人」の入退場管理をレベルアップ〜

 

アマノ株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:中島 泉、以下アマノ)は、工場・物流施設等における「車」と「人」の入退場を一元管理することで、在場状況の確認、不正進入の抑止、出入口の管理の省力化を支援する「車番管理システム」を1月24日より販売開始いたします。

 

工場や物流施設等では、事業継続計画(BCP)の推進をはじめ、取引先や顧客から信頼を得るために場内の「資産や人」の安全対策への意識が高まってきています。

この対策の一環として、アマノでは永年培われた駐車場システムの経験と技術を応用し、工場や物流施設等における「人」(IDカード)をキーにした各種セキュリティゲートおよび入退場管理システムの開発・導入を進めて参りました。

今回新発売する「車番管理システム」では、「人」(IDカード)による運用に加え、入退場する車を撮影し、「車」(ナンバープレート)の情報を自動的に確認・記録する運用を実現しました。これにより車を利用する社員や搬入業者の入退場管理をより一層強化できる他、守衛所での手続き業務の省力化に大きく貢献します。また、出入口に車番カメラを設置することで、防犯の効果も期待できます。

蓄積した入退場履歴は、事故や盗難などが発生した際の車両番号や車両画像の確認をはじめ、各車両の滞留時間や、混雑する時間帯の分析による物流業務の改善にも効果を発揮します。

さらに、「車」と「人」の入退場管理システムを連携させることで、災害などの緊急事態発生時に「どこに」「誰が」「どの車両が」構内に残っているかといった在場情報のスピーディーな把握を支援します。

アマノでは、車両による入退場の比率が高い工場や物流施設等における安全対策と、これら管理業務の省力化の提案を強化し、年間100レーンの販売を目指します。

  

【販売開始】  2014年1月24日

【販売価格】  ソフトウェア・カメラ・ゲート等1レーン分で200万円(税別)程度より

                           ※設置工事費を除く

【販売目標】  100レーン/年 

【主な特長】

(1)     手書きの台帳管理では活用が難しい入退場記録を、システムにて効率よくデータ化します。

(2)     あらかじめ来場する車両情報を登録することで、入場手続きの省力化が図れます。また未登録車両(不正入場)の確認等も行えます。 

※ゲートを設置しなくても運用可能です。 

※未登録の車両は守衛所にて入場手続きの上、マスター登録して入場します。

syaban_tokutyo.gif

(3)     車番カメラで撮影する画像と車番の情報より、事故や盗難が発生した際に在場した車両の情報をスピーディーに確認できます。

(4)     データの外部出力により、トラックの滞留時間など各種分析資料の作成を支援します。 

 

【車番管理システム 画面例】

 syaban_software.gif

 

【車番管理システム 帳票例】 

 syaban_list.gif

 


■本ニュースリリースの詳細はこちら(PDF)

ico_pdf_01.gif 入退場する車のナンバーをデータ化!『車番管理システム』新発売(522KB)

■お問合せはこちら

『車番管理システム』に関する資料請求