製品情報

粉粒体ハンドリングテストプラント

粉粒体ハンドリングテストプラント

粉粒体ハンドリングテストプラント

写真

写真

写真

写真

1
2
3
4
5

特長・用途

  • 多様化する粉粒体に対応するため、より高度なデータを収集可能な装置・機器を導入しています。
  • 粉粒体輸送テストプラント輸送距離は短距離40mから長距離220mまでテストできます。
  • 目的に応じて高圧圧送、低圧圧送、吸引輸送の各輸送テストが可能です。
  • あらゆる場面を想定し最適な輸送システム設計にお役に立ちます。

高圧圧送ライン

コンプレッサーを空気源とした低速高濃度輸送をテストできます。(全長200m)

低圧ライン

ルーツブロワーを空気源とした圧送式と吸引式をテストできます。

FAコントローラー

テストプラントの全ての輸送情報を把握できる集中制御システムです。

データ解析

重量、圧力、流量など約100ポイントのセンシングにより多彩なデータ解析がおこなえます。

page top