経営計画

基本方針

2020年4月よりスタートした第8次中期経営計画では、「100年企業への 3rd Stage -持続成長につながる盤石な経営基盤の確立-」を経営コンセプトとして掲げ、コンプライアンス重視やコーポレートガバナンスの更なる強化を基礎としながら、企業価値向上に向けて以下の重要課題に取り組んでまいります。

100年企業への3rd Stage 持続成長につながる盤石な経営基盤の確立
成長ドライブへの投資
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)の動きに対応し、各事業分野におけるデジタル化、IT化を推進
  • ソフト系資産やIoT、AI等への戦略投資等、成長ドライブに対して確実な投資を実行
  • ベンチャー企業やスタートアップ企業への投資やM&Aを継続して取り組み、第6の事業の柱を構築
断トツの競争優位性の確立
  • 各部門、各グループ会社の強みをSWOT分析により把握し、それらをさらに強化するため、上記戦略投資を実行
  • 強みの相乗効果を図り、競争優位性をさらに向上
  • 顧客基盤の深化・拡大の推進
  • 市場トレンドに則した商品ラインナップの拡充

 

第8次中期経営計画 数値計画

2021年3月期
実績
2022年3月期
修正計画
2023年3月期
計画
金額 前年比 金額 前年比 金額 前年比
売上高 113,598 △14.6% 120,000 5.6% 140,000 16.7%
営業利益 9,934 △38.6% 12,500 25.8% 18,500 48.0%
営業利益率 8.7% 10.4% 13.2%
経常利益 11,017 △34.7% 13,500 22.5% 19,500 44.4%
当期純利益 7,248 △31.4% 9,000 24.2% 13,000 44.4%

(金額:百万円)