アマノが想う未来の駐車場

アマノがパーキング事業を始めた1967年から
駐車場のカタチはずいぶんと変わってきました。

デジタル化、IT化による利便性と安全性が向上し、
駐車場を使う人も運営する人もより快適になりました。

そして今も、
駐車場は変わろうとしています。

未来に向かって変わり続けていく中で、
アマノは駐車場の悩みや課題に向き合っています。

人と車が快適であり続ける
未来のために。

アマノはこれからも、駐車場のお悩み
ぜんぶに応えていきます。

アマノが実現しようとしている
駐車場の姿

たとえば... 空きスペースへの自動駐車

たとえば...空きスペースへの自動駐車

自動車関連事故の約30%は駐車場内で起きています。こうした安全への課題を解決しつつ、徒歩移動の負担軽減や空間の有効利用のメリットを生み出すのが「自動バレー駐車」です。「バレー駐車」とはホテルなど施設のスタッフが代わりに駐車場から出し入れしてくれるサービス。これを自動化するため、車両制御技術を手掛ける企業とともに、アマノのナンバープレート認識をはじめとする画像処理技術を活用した駐車場管制システムの研究・開発を進めています。スマホを操作するだけで、完全無人・自動で駐車場の出入庫ができる未来までもうすぐです。

たとえば... ETC技術を利用したキャッシュレス型駐車場

たとえば...ETC技術を利用した
キャッシュレス型駐車場

駐車場入場時に発券された駐車券を機器に挿入して表示された金額を投入し、お釣りと領収書を受け取って退場する。無人駐車場での一連の流れによって、混雑・渋滞した際には大きなストレスが生まれます。アマノはこの課題を有料道路で広く使われているETC技術を利用することで解決していきます。
入場する際はETCカードを自動で認識し、出場する際は駐車料金を大型サイネージで表示します。料金はクレジットカード決済のため、キャッシュレス、ワンストップで出場できます。アマノは誰もがより便利に、より快適に使うことができる駐車場作りに取り組んでいます。

そのほかにも、
さまざまな可能性を
模索しています。

  • カーシェアリングのハブとしての駐車場カーシェアリングの
    ハブとしての駐車場
  • 電気自動車の充電スタンドとしての駐車場電気自動車の充電スタンド
    としての駐車場
  • 駐車場の利用情報をもっと簡単に利用者に駐車場の利用情報を
    もっと簡単に利用者に