HOME > 企業情報 > ご挨拶

ご挨拶

グローバルな成長企業を目指し、盤石な経営基盤を確立します。

私たちアマノグループは、「人と時間」「人と環境」の分野で、新しい価値を創造し、安心・快適で健全な社会の実現に貢献することを経営理念としています。 この経営理念のもと、経営環境の変化に対応した最適なガバナンス体制を機軸に、既存事業の拡大に加え、中長期・グローバルな視点での新しい事業・市場を創出して持続成長を実現することにより、企業価値の最大化を図ります。また、事業活動を通じて確保した適正な利益を継続的に還元して、「顧客、取引先、株主、社員、地域社会」の全てのステークホルダーに信頼され評価される企業を目指してまいります。

長期経営ビジョンとして掲げた「100年企業を目指して」に基づき、国内および北米、欧州、アジア地域を中心にグローバルに展開する5つの事業(情報システム、時間管理機器、パーキングシステム、環境システム、クリーンシステム)は、それぞれの事業特性や各エリアの特性などを踏まえグローバルソリューション企業として、事業領域の拡大と事業の深堀に取り組んでいます。

また、2020年4月にスタートした第8次の新中期経営計画では、「100年企業への3rd Stage ―持続成長につながる盤石な経営基盤の確立―」を経営コンセプトに掲げ、グローバル時代に対応した経営管理体制整備やコンプライアンスの更なる徹底を基盤として、ESG経営を意識しながら、企業価値向上に向けて、以下の2つの重要課題に取り組んでまいります。

1点目は、「成長ドライブへの投資」です。各事業分野におけるデジタル化・IT化を強力に推進し、ソフト系資産やIoT・AI等への戦略投資など、成長ドライブへの投資を実行し、売上・利益の持続成長を実現いたします。また、第6の事業の柱構築にも取り組みます。
2点目は、「各部門の強みの相乗効果による断トツの競争優位性の確立」です。各部門・各グループ会社の強みを改めて分析・把握した上で、戦略投資や強みの相乗効果を図り、更なる競争優位性の向上と、顧客基盤の深化・拡大、商品ラインナップの拡充を図ってまいります。

今後も、お客様から信頼・支持される企業グループを目指すとともに、グループ全体の盤石な経営基盤を確立することにより、存在感のある 100年企業を目指してまいります。

代表取締役社長 津田 博之

津田 博之