HOME > 製品情報・お知らせ > 「羽田空港ロボット実験プロジェクト」実証実験に参加します。

「羽田空港ロボット実験プロジェクト」実証実験に参加します。

2016年12月14日

「羽田空港ロボット実験プロジェクト」実証実験に参加します。

アマノ株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:中島泉、以下アマノ)は、羽田空港を 管理・運営する日本空港ビルデング株式会社(所在地:東京都大田区羽田空港3-3-2、代表取締役社長:横田信秋)が実施するロボットの技術検証を目的とした実証実験「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016(事務局:Haneda Robotics Lab ※1)」に参加します。

今回の「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」は、本年9月に「清掃ロボット」「移動支援ロボット」「案内ロボット」の3つのテーマに関する商品の公募があり、第1期参加事業者として17社が選定され、12月15日より各ロボットの実証実験が開始されます。
本実証実験においてアマノは、清掃ロボット「ロボット洗浄機 SE-500iXⅡ」を出品し、空港ロビーにおける床面(石室床)の研磨作業(光沢回復作業)を行ないます。

ロボット洗浄機 SE-500iXⅡの詳細はこちらをご覧ください。

※1 「Haneda Robotics Lab(ハネダ ロボティクス ラボ)」は、羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデング株式会社がオール羽田の取組として設置した、ロボットの技術検証を目的に、羽田空港でロボット製品(プロトタイプ含む)の実験導入を行う「羽田空港ロボット実験プロジェクト 2016」の推進組織です。
なお、本プロジェクトは、経済産業省「ロボット導入実証事業」を活用し、政府が進める「改革2020」プロジェクトの実現に向けた取り組みの一つとして、国土交通省および経済産業省と連携して実施するものです。

詳しくは特設サイトをご確認ください。
特設サイトはこちら