HOME > サステナビリティ > Social 社会 > 人権基本方針

人権方針

人権方針

私たちは、人権尊重を推進していくことが社会に存在する企業としての大きな責任であり、個人の人権、個性が尊重される環境づくりに貢献することが企業に当然期待されるべきものであることを理解しています。
常に人権が尊重される社会の実現を目指し、人権尊重の責任を自ら果たしていきます。人権に対する負の影響を引き起こした場合は、直ちに適切な手続きを通じてその救済に取り組みます。
また、このような人権への配慮を基盤とし、全ての人材が個々の持つ能力を最大限に活かし多様な価値観を共有することができる、働きやすくやりがいのある会社、ダイバーシティな環境の構築を目指していきます。

責任の遂行のために

  1. 非正規雇用を含むアマノグループすべての従業員の人権を尊重します。また、すべてのビジネスパートナーに対し、人権の尊重を求め、協働して人権尊重の責務を果たします。
  2. 事業活動を行うそれぞれの地域において、その国の国内法および規制を遵守します。
  3. ダイバーシティを尊重し、人種、宗教、年令、性別、障害、政治上その他の意見、またはその他のビジネス上の正当な利益と関係しない要素に基づく差別を禁止します。
  4. いかなる形態の強制労働や児童労働、いかなる形態の現代奴隷を認めません。
  5. 労働者の団結権、団体交渉および団体行動を認める労働基本権を尊重します。
  6. 人権デュー・デリジェンスの仕組みの構築を検討し、人権に対する課題を特定し、その防止および軽減に努めます。
  7. すべての従業員に対して、法令・諸規則等に違反する(または違反するおそれがある)行為を発見した場合、その旨を速やかに報告することを奨励します。その為に、通常の指揮命令系統から独立した社内通報制度を構築し、維持します。また、通報を行った従業員を公正に取り扱うために、通報者の匿名性を維持します。
  8. 関連する外部ステークホルダーとの対話と協議を行います。
  9. 人権に関する法令や原則の遵守に向け、すべての役員と従業員に人権方針を周知し、適切な教育を行うことにより、事業活動への定着を図ります。

2021年11月10日制定